The Fukushima “Underground Nuclear Explosions” Hoax福島「地下核の爆発」デマ

Lately we’ve seen a spate of Fukushima-related hoaxes which have gone viral, one of which claims that the Russian navy detected two underground atomic explosions at Fukushima on Dec 31, prompting the Russian gov’t to order protective measures. We’ve gotten a lot of emails about it from people who are worried, and who have also been hearing the other alarming (and untrue) stories.

As far as anyone can tell, this one was just totally made up by a well-known conspiracy fabulist, who claims to be the leader of an ancient apocalyptic religious sect. It’s probably better to consider him a humorist, though.

The story, “Underground Nuclear Explosion At Crippled Japan Atomic Plant Shocks World,” appeared on Jan. 2, and was immediately aggregated on a more widely viewed news site, which itself has been alleged by the Southern Poverty Law Center Hatewatch Blog to have ties with white supremacists, and which has published other unintentionally amusing articles from the same source like “US Earthquake Weapon Test Fails Again, Destroys New Zealand City.”

The “underground explosion” article contains no actual citations or sources for the claims, includes a photo of the “explosion” which is actually of Unit 3 from March 2011, a “nuclear fallout map” which was itself immediately debunked as a hoax when it first appeared back in 2011, and something we’ve never seen before, a map showing the supposed “Fukushima melt-through point” in the Atlantic off Argentina. Some might consider this proof that the author has a good sense of humor.

The story spread from there, with many widely-read sites taking it perfectly seriously despite the total absence of evidence. This includes the FARS News Agency, a “semi-official” Iranian organization, which was also punked last year by The Onion.

Some sites reworked the story a bit, combined it with some of the other unsubstantiated rumors, or escalated the story into “Putin orders Fukushima to be wiped from the map.”

Snopes finally weighed in on Jan 5, calling the story bunk , and observing that professional conspiracy sites habitually repeat totally unsubstantiated stories like these, “creating the misleading impression that such material is being reported by multiple legitimate news sources.”

This is one of the more important lessons, and something we hope everyone takes to heart: just because a web site LOOKS like a legitimate news outlet doesn’t mean it actually is. Lots of them do no fact checking whatsoever and will publish anything likely to capture clicks, the more outrageous the better. Caveat Lector.

ここのところ、私たちは福島関連のデマが相次いで流布されるのを見てきましたが、その一つに、ロシア海軍が12月31日に福島で2回の地下での原子爆発を検出し、ロシア政府に保護措置の発令を促したと主張しているものがあります。私たちは、それについて心配している人々や、その他の驚くべき (そして真実でない)物語を聞いた人々から、メールをたくさんもらいました。

これは、よく知られた 陰謀寓話作者、 古代の終末論的な宗派の指導者の完全な作り話と、誰もが言うことができるでしょう。この話の作者はユーモア作家と考えた方が良いと思います。

「機能不全の日本原子力発電所での地下核爆発が世界を震撼する」 という物語は、1月2日に現れ、すぐに広く閲覧されているニュースサイト にまとめられました。そのサイト自体、白人至上主義者とつながりを持っているHatewatchブログであると南部貧困法律センターが主張しています。同じソースから他にも 「米国の地震兵器テストが再び失敗、ニュージーランドの市を破壊」といった意図しないにせよ楽しい記事を発表しています。

この「地下爆発」の記事には、その主張を裏付ける実際の引用や情報ソースが含まれていません。「爆発」の写真が含まれていますが、これは実は2011年3月の3号機のものです。「死の灰マップ」も含まれていますが、それ自体が2011年の以前に登場した際に直ちにデマとして暴かれたものです。その他にも私たちが以前に見たことがない、想定される「福島メルトスルーのポイント」を示すアルゼンチン沖大西洋の地図が含まれています。著者にユーモアのセンスがあることを証明している、と考える人もいるかもしれません。

この話はそこから、多くの人たちから読まれているサイトに広がりました。証拠が全く存在しないにも関わらず、全くもって真剣に取り上げられたのです。その中には、昨年 The Onionというデジタルメディア に 叩かれたFARS通信社 という半官的なイランの組織も含まれています。

一部のサイトでは話を少し 再加工 して 、他の根拠のない噂をいくつか組み合わせ 、または話をエスカレートして、「プーチンが地図から福島を一掃することを命令」 という記事を流布しています。

Snopes.com は、最終的に1月5日、この話を ナンセンス と呼び、プロの陰謀サイトがこのような全く根拠のない話を繰り返していることを鑑みて、 「このような題材が、複数の合法的なニュースソースによって報告されていることが誤解を招く印象を作る」とコメントしました。

ここに皆さんに心に留めておいて欲しいとても重要な教訓があります。Webサイトが正当なニュースを報じているように見えるからといって、それが実際にそうだと意味するものではない、ということです。それらの多くは事実確認を全くしていませんし、クリックしてもらえるものなら何でも公開します。すなわちトンデモないものほど世に出るのです。Caveat Lector―読者の皆さんご注意ください。(翻訳:Mikiya Inoue)

About the Author

Azby Brown

Azby Brown is Safecast's lead researcher and primary author of the Safecast Report. A widely published authority in the fields of design, architecture, and the environment, he has lived in Japan for over 30 years, and founded the KIT Future Design Institute in 2003. He joined Safecast in mid-2011, and frequently represents the group at international expert conferences.