Safecasting Iraq: Open Data to Open Doors

Last month I was invited to facilitate some data visualization workshops at the Peace Tech camps in Erbil Iraq. One of the NGO’s I was working with was attempting to visualize a study to raise awareness about the issue of depleted uranium in Iraq. Luckily I had run into Sean Bonner moments before boarding my plane in Cambridge and he loaned me a bGeigie device. I presented the device at PeaceTech Camp to an audience of Southern Iraq NGO’s, describing how it works during a presentation of new tools and technologies. This caught the attention of Layth Al-Salihi who runs an organization assisting children afflicted with Cancer in Basra, Iraq.

Layth at PeaceTech in Iraq
Layth at PeaceTech in Iraq

His son was diagnosed with cancer years ago and after a brave fight has recovered. Layth has turned his learning and energy from that experience back to helping other Iraqi families in Basra treat their children. He has helped set up play centers near hospitals, run training sessions for parents with afflicted children, and brought in medication for children who couldn’t afford treatment.

Layth believes the cause of his son’s cancer and the increasingly common birth defects in Basra step from the Gulf Wars and the radioactive ammo dropped over Iraq. Depleted Uranium is a heavy metal used to create armor piercing ammo and during the last few wars in Iraq the United States dropped around 1.4 tons of it in over 350 sites across the country. There is controversy over whether or not the depleted uranium has resulted in the growth of cancer and birth defect rates. A recently published World Health Organization study — The Summary of the Prevalence of Reported Congenital Birth Defects in 18 Selected Districts in Iraq — concludes with:

“… The rates for spontaneous abortion, stillbirths and congenital birth defects found in the study are consistent with or even lower than international estimates. The study provides no clear evidence to suggest an unusually high rate of congenital birth defects in Iraq.”

While the paper titled Environmental pollution by depleted uranium in Iraq with special reference to Mosul and possible effects on cancer and birth defect rates which was published in Medicine, Conflict and Survival summarizes it’s study with:

“The Gulf Wars of 1991 and 2003 left a legacy of pollution with DU in many regions of Iraq. The effects of these munitions may be affecting the general health of Iraqi citizens, manifesting in an increase in cancers and birth defects. Contamination has spread widely in the air, soil and water, particularly as dust in windstorms.”

These discrepancies have resulted in confusion and stagnation in assistance for Iraq’s public health projects. That’s why after presenting the bGeigie Layth came up to me and told me about the conflicting reports of cancer rates and depleted uranium in Iraq. Layth suggested that perhaps by creating an open data project that brought together a survey of hospital patients and the areas people live in who’ve gotten sick alongside a map produced by the Safecast API that could help create clarity around the issues of depleted uranium and the purported increase in cancer and birth defect rates.

We started to devise a plan to connect his NGO with the hackerspace in Iraq called Fikra Space to assist in taking the bGeigie out into Basra for samples. I work with a hackerspace crew in Iraq called Fikra Space and I suggested that we gather a team from the hackerspace and train them for future work in Basra. So after the PeaceTech camp ended I headed out to Baghdad and met up with the Fikra Space to run a radiation mapping workshop.

Some of the core team at Fikra Space: Nael, Jeff & Ahmed

The next day we got a crew together and hopped into Fikra Space member Ahmed’s Chrysler and spent the day driving to various places we suspected might have depleted uranium including some old abandoned military zones in the outskirts of Baghdad.

Radiation levels at abandoned vehicles

After driving around for a day we took the device home and used the Safecast API to upload and visualize this data. You can check the path we took and the readings we took on this map:

Map of radiation levels in Baghdad

Jeff and Salih from Fikra Space expressed interest in joining Layth in Basra to map the places where people are getting sick and I hope to join them in this initiative later this summer. We’re going to need of help in designing the study, funding, finding appropriate data formats, and analyzing the data.

I will leave you with a challenge. An article published on the Guardian has made me aware of the fact that “The International Coalition to Ban Depleted Uranium (ICBUW) has called for WHO to release the project’s data-set so that it can be subjected to independent, transparent analysis. The UN body continues to ignore these calls and defend the integrity of the research.”

This clearly shows the need for an open data response. I ask for your help in finding and publishing the data the WHO used for their study and aggregating any data from other studies you can find. I hope these will be the first datasets openly published in a series of sets that will help us understand and explore radiation and public health in Iraq.

Thanks to Sean, Joi, Ethan, Pieter for all your help.

Here are some investigative articles and papers that I found helpful in thinking about this post:

+BG

先月、イラクのエルビルで行われたピース・テックキャンプでのデータ視覚化のワークショップに誘われました。私が働いていたNGOの一つは、イラクでの劣化ウラン問題についての意識を高めるために研究を視覚化しようとしていました。幸いにも私はケンブリッジで飛行機に搭乗する前に、セーフキャストのショーン・ボナーに偶然に遭って、bGeigie(ビーガイギー)のデバイスを貸してもらっていたのです。私は、ピース・テック・キャンプ、イラク南部のNGOの聴衆に、この新しいツールと機能がどういうものなのか、どうやって動くのかを説明しました。このことが、イラクのバスラで癌に罹患した子供たちを支援する組織を運営する Layth Al-Salihi の目にとまったのです。

Layth at PeaceTech in Iraq
Layth、イラクのピース・テックにて

彼の息子は、数年前に癌と診断されましたが、勇敢にも病と闘い、回復しました。Laythはその経験から得た学びとエネルギーをバスラ地区内で癌を患う子供を抱える他の家族を助けるために使うことに向けたのです。彼は、病院の近くにプレイセンター(遊び場としての集会所)を設置することに貢献し、被災した子どもを持つ親のためのトレーニングセッションを行っています。そして、治療の余裕がない子供のために薬の提供もしています。

Laythは、彼の息子の癌やバスラで増えている先天性障害の原因は、湾岸戦争とイラク戦争でイラクに投下された放射性弾薬(ウラン弾)によるものだと確信しています。
劣化ウランは徹甲弾薬を作成するために使用されていた重金属で、アメリカはその戦時下に、イラク全土、350ヶ所以上に合計約1.4トンの劣化ウラン弾を落としています。劣化ウランが、がんの発生や出生異常率を上昇させたのかどうかをめぐる論争があります。近年発表された世界保健機関(WHO)による研究、「イラク特定18地区内における先天性異常の有病率の概要」では、次のように結論づけています。

「…調査で明らかになった自然流産、死産や先天性障害の発生率は、国際的な推定値と同等か、それ以下である。調査では、イラクでの出生異常の比率が高いことを示唆する明確な証拠は示されていない。」

「劣化ウランによるイラクでの環境汚染 -モースル市におけるがんと先天性障害発生率への影響の可能性について (原題は Environmental pollution by depleted uranium in Iraq with special reference to Mosul and possible effects on cancer and birth defect rates) 」という論文が国際学術誌「Medicine, Conflict and Survival」に掲載され、次のように要約されています。

「1991年の湾岸戦争と2003年のイラク戦争では、イラクの多くの地域に劣化ウラン弾による環境汚染という負の遺産を残した。このような兵器の使用がイラク市民の健康に影響を与えた可能性があり、実際にがんや先天性異常発生率が増加していることも明らかになりつつある。汚染は、すでに大気、土壌や水といった広範囲に及び、特に暴風下では粉塵となって拡散している。」

このような見解の相違は、イラクの公衆衛生を援助するプロジェクトにおいて混乱と停滞をもたらしました。だからこそ、ビーガイギーを渡した後、Laythは私のところに来て、がんの発生率やイラクでの劣化ウランの矛盾した報告について話してくれたのです。Laythは、オープンデータのプロジェクトを作ることを提案しました。そのプロジェクトでは、その地域での入院患者の調査結果と罹患者の居住地域情報を、SAFECASTのAPIで作った地図に重ね合わせることで、劣化ウランとがん、出生異常発生率との関連性を地図上で確認することができるようになるかもしれません。

私たちは、試しにバスラでビーガイギーの活用を支援する「Fikraスペース」と呼ばれるイラクのハッカースペースと、LaythのNGOを繋ぐ計画を立て始めました。私はイラクで「Fikraスペース」と呼ばれるハッカースペースの仲間と協力しています。ハッカースペースからチームをつくり、バスラで今後活動をするために彼らを養成することを提案しました。そしてPeaceTechキャンプが終了した後、私はバグダッドへ向い、放射線マッピングのワークショップを運営するFikra Spaceの人たちと会ったのです。

Some of the core team at Fikra Space: Nael, Jeff & Ahmed

次の日、私たちは仲間と集合し、Fikraスペース メンバーのAhmedのクライスラーに乗り、バグダッド郊外にあるいくつかの放棄された軍事ゾーンを含む劣化ウランがあると疑われる様々な場所を運転しながら一日を過ごしました。

Radiation levels at abandoned vehicles

一日ドライブした後、私たちは、デバイスを家に持ち帰り、このデータをアップロードして視覚化するためにSafecast APIを使用しました。私たちが通った道と測定値をこの地図上で確認することができます。

Map of radiation levels in Baghdad

JFikraスペースのJeffとSalihが、Laythのバスラでの罹患者の地図化をする計画に関心を示してくれているので、今夏には彼らと合流してこの地図化プロジェクトを進めたいと考えています。これからサポートを得ながら、調査プランを立て、資金調達し、適切なデータ形式を見つけ、データ分析していくことが必要となってくるでしょう。

みなさんに宿題を残しておきます。英国新聞のガーディアン紙に掲載されたある記事 が私の目に留まりました。「ウラン兵器禁止を求める国際連合(ICBUW)が、WHOが発表した調査報告書のプロジェクト・データセットの開示を要求した。そうすることで、そのデータを用いて、外圧を受けることなく中立性を保った、透明性の高い分析を行うことが可能となる。しかしながら、国連機関はこれらの声を無視し、この研究に問題は無いと擁護している。」

このことからもお分かりのように、データの開示が対応策として求められています。私からのお願いです。WHOが調査に使用したデータを見つけて公表して欲しいのです。他の研究機関が行った調査で使用したデータをまとめたものでも構いません。
そうして集まったデータは最初の公開データセットになります。一連の公開データセットがあれば、イラクにおける放射線や公衆衛生問題への理解が深まりますし、私たちの探求心も育ててくれます。

Sean、Joi、Ethan、Pieterのお力添えに感謝しています。

H私がこの記事を考える中で参考になったいくつかの調査についての記事や論文は、以下の通りになります。

+BG