More droid trouble

Above: 77 new realtime radiation monitors made by JB Japan Brand were installed in Fukushima in March 2015 and taken offline weeks later. This unit, in front of Odaka Station in Minamisoma, has an “under maintenance ” notice posted on it.

Back in December of 2012 we posted a two-part article which took a close look at problems concerning the government’s realtime radiation monitoring posts which dot Fukushima and nearby prefectures, which we dubbed “droids.” At the time we pointed out that about 3000 of these devices, built by several manufacturers, had been installed, and we highlighted problems with the hardware and its placement, the online maps the government provides to inform citizens, and the procurement process. In particular, the system was enmeshed in a scandal then involving a smaller manufacturer, Alpha Tsushin, whose units were inadequately tested before being installed and were subsequently taken offline, and the company’s contract rescinded. We’re amazed to see a nearly identical scandal involving new droids from a different manufacturer unfold again.

Print

Above: Exterior and interior views of four superficially similar monitoring units from different manufacturers. Compared to the more reliable units by NEC and Fuji Electric, the JB Japan Brand droids look poorly designed and built, even possibly incomplete. Units built by Alpha Tsushin were also taken offline soon after being installed in 2012 due to reliability problems.

Several weeks ago, Safecaster Joe Moross noticed some new realtime monitoring posts in Fukushima, similar in external appearance to those made by Fuji Electric, but made by a relatively obscure company, JB Japan Brand. Joe took a “close” look, and what he saw did not inspire confidence. Shortly afterward, we began to hear rumors that these units were having big problems, and then that they had suddenly been taken offline. Since then there have been several articles about the problems in local and national newspapers and some informed commentary on blogs and on Twitter.

To summarize the situation, JB Japan Brand , a small Fukushima-based company which has sold other radiation-detection equipment under its brand, won a 52 million yen bid from Fukushima Prefecture in late 2014 to provide 77 new monitoring posts to be installed in sites in seven municipalities in Fukushima. They were installed by the end of March 2015, and put online on a test basis. On March 30, the Japan NRC, which is responsible for hosting the data on its online maps, determined that 13 of the 77 units were not transmitting data. They informed the responsible person at Fukushima Pref. by email, but this person apparently did not inform their superiors or other team members about the problems, and no action was taken. Soon after, around April 3, citizens noticed a number of anomalies in the readings, including two which gave readings 1000 times higher than normal. The responsible officials handled this in an equally clumsy way, and did not make a public announcement acknowledging the problems until after the blogosphere started to freak out about the “radiation spikes.”

JB droid graph 02
Above: A graph from a JB Japan Brand realtime monitor showing an anomalous jump in readings (from a compilation at jsdfq43wtr.net)

JB droid graph 03
Above: Combined graphs from JB Japan Brand monitoring posts showing consistent anomalies. (from Twitter user 泉❀智紀(N105マスク) )

In all, 30 of the 77 new units from JB Japan Brand showed significant over-readings and other anomalies, but their data continued to be displayed on the NRC web page until Fukushima Pref. requested it to be removed on or around April 22. The NRC subsequently ordered all 77 to be removed from the web site, and after deciding that the problems could not be resolved, Fukushima Pref. cancelled the company’s contract. Company spokespeople have been reported as saying that the units were still being used in a test mode, that they were never given a chance to resolve the technical problems before the contract was cancelled, and that communication with Fukushima Prefecture had been fraught with problems and a lack of cooperation from the start.

As we discussed back in 2012, residents have been skeptical about the realtime monitoring system from the start, and this new scandal can only reinforce their mistrust of the system. It appears that bad data from 30 units was being posted on the government website for weeks. The problems three years ago with the Alpha Tsushin units stemmed from poor oversight by MEXT, which was responsible for that contract; in this case Fukushima Pref is the responsible party, and it’s extremely troubling that they did not learn from the earlier scandal and ensure that the new units were adequately tested before being put online.

Systems like these invariably have teething problems. SAFECAST has gradually been expanding its experimental deployment of realtime fixed sensors in Japan and overseas, and “living” with them for a while in order to learn their idiosyncrasies and likely failure modes. We don’t underestimate the challenges, and this newest scandal convinces us even more that citizens need to have an independent realtime sensor system they can use to check official data. At the same time we want to point out that sharp-eyed, technically knowledgeable citizens played a key role in calling attention to the problems with the JB droids. This is the kind of culture we consider ourselves a part of and want to help nurture.

RELATED LINKS:
Mainichi Shimbun: Glitch suspected in abnormally high readings at Fukushima radiation monitoring posts
Fukushima Minyu (Japanese)
NHK news item about the problem (Japanese)
Mainichi News (Japanese)
A compilation of Tweets in Japanese about the issue
NSR Realtime monitoring map page (old links broken)
IIDJ Japan Radiation realtime map ( data from 4500 official realtime sensors) 

上:2015年3月に福島県内に設置され、数週間後にオフラインにされた、JBジャパンブランドの77のリアルタイムモニター。南相馬市の小高駅前にあるこのモニターには“調整中”の張り紙が貼られている。

2012年12月、セーフキャストでは、政府が福島や近隣県に設置した(私たちがドロイドと呼んでいる)リアルタイム・モニタリングポストに関する問題に焦点をあてた二部構成の記事を投稿しました。その投稿では、およそ3000個もの、複数の製造業者によって製作されて取り付けられた装置について取り上げました。ハードウェア及び、その設置場所、政府が公表したオンラインマップ、そして調達プロセスに関してなどについて問題提議をしました。

特に、アルファ通信という、小規模製造業者の機器は、設置前に不適切なテストがなされた末、通信不能とされました。挙句の果て、アルファ通信は契約を破棄されるというスキャンダルとなったのでした。

Print

上:4つの製造会社による異なるモニタリングセンサーの外観と内観。比較的信頼性の高いNECや富士エレクトリック社製のものと比較して、JBジャパンブランド のドロイドは、デザインも作りも貧弱であり、むしろ不完全のように見える。 信頼性の問題により、2012年に設置されてこちらもすぐに通信不能にされたアルファ通信社製のモニター。

数週間前、セーフキャスター(セーフキャストのボランティア)であるジョー・モロスは、福島県内にて富士エレクトリック社が製造した機器に類似しているが、比較的無名のJBジャパンブランドという会社製の新しいリアルタイムモニタリングポストをいくつか見つけたといいます。ジョーは実際、モニターに近づいてよく見てみたが、特に目立った特長はなかったと言っています。

しばらく後に、私たちが聞きつけた噂では、モニタリングポストはなんらかの大きな問題が生じ、それから突然オフラインに切り替えられたということでした。

それ以来、その問題について、地元紙や一般紙やブログ、ツイッターで記事やコメントが掲載されていました。

状況をまとめると、JBジャパンブランド社は、福島を拠点とした小規模の会社で、異なる放射能検知機器をJB ジャパンブランドとして販売しています。同社は2014年後半に福島県から5200万円の注文を落札し、77機の新しいモニタリングポストを県内の7つの地方自治体に配置した、ということです。

それらは2015年3月末までに設置され、テストとしてオンラインに(接続)されました。

3月30日、オンラインマップのデータ配信を行う原子力規制委員会(NRC)は、77機器中13機はデータを通信していないことを発見しました。NRCは、福島県の担当者にメールで通知しましたが、担当者は上位層や他のチームメンバーにその問題について知らせず、何のアクションもとられなかったようです。

その直後、4月3日前後に、市民により、通常の1000倍以上という高い値を示す異常値を含む、多数の異常値の情報が報告されました。担当責任者らは、この問題を正しい形で取り扱うことなく、問題の公表自体もネット上のコミュニティが「放射能異常値」に関した記事を投稿して騒ぎ始めるまで、何ら行われませんでした。

JB droid graph 02

上:JBジャパン社のリアルタイムモニターが示した、変則的な数値(jsdfq43wtr.netの資料より)

JB droid graph 03

上:JBジャパンブランド社製のモニタリングポストによる一貫した異常値を示したグラフ(ツイッターユーザー泉❀智紀(N105マスク) より)

結局、JBジャパンブランド社が製造した77機器中の30機は意味があるかのような過剰な測定値とその他の異常値を示しましたが、福島県が表示の削除を要求するまでの4月22日頃まで、それらのデータはNRCのウェブサイトに表示され続けました。

NRCはその後、ウェブサイト上から77のすべての機器のデータの削除をするよう要請され、問題が解決されないことがわかった後、福島県はJBジャパンブランド社との契約を破棄しました。

企業担当者は、報告された機器は「テストモード」で利用されており、契約が破棄されるまで技術的な問題を解決する機会が与えられなかった、また、福島県とのコミュニケーションは最初から困難で、当初から協業が欠如されていた、と話しています。

私たちが2012年に議論したように、住民は最初からこのリアルタイム・モニタリングシステムに懐疑的であり、新しいスキャンダルはシステムに対する不信感を強めただけでした。

30機から出た間違った情報が、政府のウェブサイトに数週間も表示され続けていたようです。

3年前のアルファ通信の機器の問題は、契約の責任主体であるによる文部科学省の見落としに端を発していました。

このケースでは、福島県は責任主管であり、彼らがこの3年前のスキャンダルから学習しなかったことは非常に大きな問題であり、新しいユニットはオンラインにされる前に適切にテストされなかったことは確実だろうと思われます。

このようなシステムは常に初期の立ち上がりに伴う問題だと言えるでしょう。

セーフキャストでは、現在、リアルタイム・フィックスセンサー(固定センサー)を、国内外で実験的に配置しています。その数は徐々に増えており、今回のような異常値や間違った動作などがどのような情報であるのかを知ることができるようにしています。

私たちは挑戦を過小評価していません。そして、この最新のスキャンダルは、私たち市民科学が独立したリアルタイム・センサーシステムをもつことで、政府機関のデータのチェック機能として確認することができるのだということを改めて認識させてくれました。

それと同時に、鋭い視点を持ち、技術的な知識を持つ市民が、今回のドロイド問題への発見につながる重要な役割を果たしたことを指摘したいと思います。

これは、セーフキャスト自体がそのような役割の一部であると考えているし、また、私たちが醸成したいと考えている文化のようなものでもあるのです。

翻訳: Shin-ichiro Yamamoto

RELATED LINKS:

Mainichi Shimbun: Glitch suspected in abnormally high readings at Fukushima radiation monitoring posts

Fukushima Minyu (Japanese)

NHK news item about the problem (Japanese)

Mainichi News (Japanese)

A compilation of Tweets in Japanese about the issue

NSR Realtime monitoring map page (old links broken)

IIDJ Japan Radiation realtime map ( data from 4500 official realtime sensors)

About the Author

Azby Brown

Azby Brown is Safecast's lead researcher and primary author of the Safecast Report. A widely published authority in the fields of design, architecture, and the environment, he has lived in Japan for over 30 years, and founded the KIT Future Design Institute in 2003. He joined Safecast in mid-2011, and frequently represents the group at international expert conferences.